Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【知らなきゃ損】WBAミドル級王者:村田涼太のビジョントレーニングとは!

2018/07/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

日本人が世界に誇れる
現WBA世界ミドル級王者:村田諒太選手

 

こちらの記事では
そんな村田選手の
意外な一面をご紹介しましたが

 

実はこれ以外にも
ボクサーが案外練習していない
トレーニングをやってたりもします。

 

それは
”ビジョントレーニング”

言われるものなんですが

 

皆さんは”速読””動体視力トレーニング”
といった形で耳にしたことが
多いかもしれません。

 

なんと村田選手は
このトレーニングをしてから
視力が1.0から
2.0にまで回復したとのこと。

 

他にもビジョントレーニングによって
得られた様々なメリット
ありますので

今回はビジョントレーニングについて
詳しく話していきたいと思います!

 

ビジョントレーニングの効果って?

 

では、まずはビジョントレーニング
によって得られる効果を
ざっと見ていきましょう!

 

村田選手が2年間の
ビジョントレーニングで得られた
主な効果は以下の内容です!

・視力が1.0から、2.0と1.2に向上
・自身の緊張度が客観的にわかる
・顔の表情がくっきり見えて、判断しやすい
・単純に集中力が上がった

 

そもそも
ビジョントレーニングの本来の目的は
眼が本来持っている力を
さらに向上させること。

決して新しい能力を
目に身につけさせるというわけでは
ないんですよね。

みなさんが普段
2つの目で何不自由なく
ピントを合わせているのも
眼球のまわりの筋肉が
スムーズに動いているからであって、

そういった目の周りの
筋肉の動きをよくしたり
根本的に目で捉えた映像を
しっかり脳に伝えたりするのも
目が本来持っている力の1つです。

 

皆さんも意外と日常の生活で
文字の見落とし
ピント調節がうまくいかないことにより
物が二重に見えたり...

メガネをかけても
文字が読みづらくなったり。

 

これらの原因は
本来の目がもってる能力が
少し落ちてきたことによるもの
が多いということです。

 

そういった能力を
ビジョントレーニング
高めることにより

 

日常生活の不便さの解消
つながっていくと思いますので
これからお話する
ビジョントレーニングをぜひ
日常生活に取り入れてみてください!

 

*番外*ビジョントレがボクサーに必須の理由とは?

 

また、村田選手が
実感したことの1つとして挙げている
「顔の表情がくっきり見えた」
っていうのは
ボクシングに関しては
めちゃめちゃ重要なことだと
ボクシング博士は思いまして…

 

この博物館の来館者様の中にも
実際にスパーリングやマスボクシングなど
やったことがある方もおられると思いますが
ボクシングでは、必ずと言っていいほど
パンチがくるまえに
相手の表情って一瞬変わります。

 

眼の周り
口の周り
必ず動くようになってるんですよね、
人間の体って。

 

メイウェザー
これだけパンチを避けれる理由…

 

 

これって絶対に
相手の表情を読んでいるから
っていうのが大きな理由
だと思うんですよね。

ですので
そのわずかな表情の変化
目で捉えられるって
めちゃ有利だと思います!

 

ということで
ビジョントレーニングがボクサーにとって
どれくらい重要なことかっていうのが
わかっていただけたところで

 

具体的に
どんなトレーニングを行っているのか
見ていきたいと思います!

 

村田選手はどんなトレーニングをしているの?

 

まずは、村田選手が実際に行っている
ビジョントレーニングの紹介から。

 

ネットの情報によれば
村田選手のビジョントレーニングを
指導しているのは
アメリカの国家資格『ドクター・オブ・オプトメトリー』
を取得されている北出勝也さんという方。

 

通称:オプトメトリストと言われる
この国家資格は
眼の機能を検査し、
最適なトレーニングを指導する
視覚機能の専門家のことで、

 

この北出勝也さんが言うには
ビジョントレーニングは
一般の人にこそやってもらいたい
トレーニングとのこと。

 

 

主なビジョントレーニングとしては

・眼球の追従性
・両眼の連動性
・両眼の跳躍性
・視空間認知能力
・ボディイメージ

以上の5つを鍛えること。

 

目を寄せたり離したり
視点を一気に違うところに持っていったり
頭の中で具体的にモノをイメージしたり。

 

最後のボディイメージ
みなさんもしかしたら
聞いたことのある人も多いかと思います。
タレントの武井壮さん
テレビでやってましたね。

 

イメージしたことをそのまま
身体で表現するトレーニングのことです。

 

試しに両手を水平に広げて
鏡の前で見てみてください。

案外水平じゃないことに
気づくと思います。
これも訓練すれば
水平に広げることができるように
なるんですよね。

 

そして、これらのトレーニングを
一気に行えるものとして
村田選手が取り入れているのが
ランダムに光るボタンを
速く押していくというもの。

 

このマシンに関しては
とにかく気に入っていて
実際にマシンを購入して
自宅に置いているほどです!

 

ただ、どうしても
マシンを使ってのトレーニングなどは
一般の人にとっては
厳しいところもあります。

 

都内のボクシングジムなどに
行くと置いてあるところも
あるそうなんですが…

 

そのため今回は
自宅でもできるビジョントレーニング
軽く紹介しようと思います!

 

様々なビジョントレーニング

 

高校や大学でスポーツを
やっていた人なら
1度はやっている人もいるかもしれません。

 

まずは、両手を前に伸ばし
人差し指を立てます。

そして、顔を動かさず
目だけで右、左と交互に
人差し指を見ます。

 

これを10回ずつやり、
今度は手を上下に移動します。

 

そして、また顔を動かさず
目だけで上、下交互に人差し指を見ます。

これも個人差がありますが
10回ずつ行います。

 

交互に見る時間は
1秒ペースくらいでやると
いいでしょう。

これを1セットとし
だいたい3セットやると十分です!

 

お風呂に入っている時や
日常の待ち時間など…

 

5分程度で終わりますので、
ぜひ継続して頑張ってみてください!

きっと効果が出てくるはずです!

 

以上、今回は
ビジョントレーニングについて
お話しました!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.