【知って得する】〜 大学に通い続けるだけで得られる2つのメリットとは〜

スポンサーリンク
日々の学生生活
スポンサーリンク

こんにちは!

ショウヘイです!

前回はこちらの記事
留年することなく、
ストレートで国試に合格するには

なんとしてでも大学に行くことが
重要だというお話をしましたね!

大学に通い続けることの大きなメリットとして

勉強の習慣をつけれるという話をしました。

他にも大学に通い続けることで

得られるメリットがいくつかありますので

今回はそれについてお話ししたいと思います。

今回の記事を読むだけで、

あなたの大学生活に対する考え方が大きく変わり、

毎週のレポートや課題も、効率よくこなせて

浮いた時間をバイトや飲み会など

あなたの好きなように時間を使えるようになります!

f:id:kettaron:20181010045227j:plain

逆に、この事実を知らなければ

週末はレポートや課題に追われ続け

バイトすることもできず

お金も貯めれず、飲み会に行くこともできない、

どうしようもない大学生活に陥るでしょう。

f:id:kettaron:20181010045340j:plain

ぜひ、今回の記事でお伝えすることを

今後の大学生活に活かしていき、

充実した大学生活を送っていただければと思います。

今回は大学に通い続けることで
得られるメリット2つを
厳選してお伝えしたいと思います!

1)友達が増える

一見、国試合格とは何も
関係ないように思えますが、

大学に通い、たくさんの友達と
過ごす大学生活を送っている人と、

家に引きこもり、最低限の過去問と
自分の力だけで定期試験を乗り越え
ギリギリで単位を取っている人

どちらが国試合格率が高いと思いますか?

国試に合格した人たち、
みんなが口を揃えて言うのが
『国試は団体戦ということです。

あれだけ莫大な量の勉強は
さすがに自分の気合と根性だけでは
乗り越えられません

みんなで励ましあい、

時には気分転換に飲みに出かけ、

勉強するときは勉強する。

その繰り返しで、国試合格に近づきます。

そのためにも、毎日大学に通い
1年生のうちから友達は
たくさんつくっておいてください。

f:id:kettaron:20181010045433j:plain

2)先生と仲良くなれる!

毎日大学に通い続けていると
自然と教授の目にも止まります。

ふと質問に行ったりしたときでも
「おっ、よく来たね」みたいな感じで
迎え入れてくれます。

大学の先生達にもヒエラルキーがありますので、
助教や准教授は雑用を押し付けられて
比較的忙しいですが、
教授の先生たちはヒマで寂しがりやです。

そして、授業を教えたり、
テストを作るのは教授のお仕事です。

ですので、毎日学校に通い続け、
教授との仲を深めることで
テストに関するおこぼれ話など
意外ともらえたりします

f:id:kettaron:20181010045511j:plain

以上、今回は
大学に通い続けることで得られる

2つのメリットについてお話ししました!

次の記事からは
いよいよ国試に合格するための
具体的なテクニックについて
お話ししていきます。

今日の授業からでも実践できる
テクニックもありますので、
気になる人は今すぐにでも
次の記事を読み進めてください!

それでは、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました