Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【まとめ】ボクシングシューズ『ナイキ』の良いところ・悪いところ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

 

そこそこジムワークに慣れてきた人は
リングシューズが欲しくなる頃
ではないでしょうか。

 

最初のうちに買い揃えるのもいいし、
ジムワークが慣れてきて
マンネリ化し始めた頃に
モチベーションアップのために
買うのもいいかと思います。

 

やっぱり、リングシューズ
普通のランニングシューズだと
どうしても、
地面を蹴る力が違ってきますので
博士も初めてリングシューズを
履いた時には、もう自分が
最強になったかのように感じましたよw

 

ぜひ、みなさんもリングシューズを履いて
日々のトレーニングに励んでみてください!

 

また、リングシューズ購入と同時に
マイグラブの購入も検討している方は
ぜひ、こちらの記事を参考にしてみてください!
(【見なきゃ損】マジでオススメする
ボクシンググローブとは)

 

ということで
今回は、ボクシング界のみならず
バスケットをはじめ
いろんなところで有名な
『ナイキ』のシューズについて
良い所・悪い所をそれぞれ書きましたので
リングシューズを購入する際などは
ぜひ、参考にしていただければと思います!

 

『ナイキ』のメリット

①回旋がしやすい

博士のジムで
ナイキのシューズを履いてる人に
聞きまくってみて
圧倒的に多かった意見がこれです。

 

回旋は
片足を軸に回転すること
ですね。

 

ミット打ちサンドバッグに関しては
あまり必要ないんですが、
スパーリングマスボクシングでは
回旋はめちゃ重要です。

 

いろいろ調べてみましたが
シューズの作りから
回旋がしやすくなってるみたいです。

 

②グリップ力が強い

『回旋がしやすい』ってことに
関係してくるんでしょうが
グリップ力が他の
リングシューズに比べて強いです。

 

そのぶん、滑り止めが効いて
方向転換がしやすくなります。

 

③メッシュ性のため通気性がいい

比較的、ナイキのシューズは
メッシュ素材のものが多いです。

耐久性や機能を考慮すると
他のメーカーでは
意外と少ないんですよね、
メッシュ性のシューズって。

 

メッシュになってる分、
運動後の汗をかいた後でも
乾きやすいです!

 

『ナイキ』のデメリット

 

上記の②と③のメリット
結局のところ
デメリットにも
なっちゃったりするんですよね。

 

前にも言いましたが
『長所は短所』ってやつですw

 

まず、あまりにもグリップ力が強すぎるので
つま先の方に体重がいってしまい
かかとの方に空きができてしまいます。

厚めの靴下やサポーターで
そのスペースをなくすような
工夫が必要です。

また、製造工程に手間がかかるので
必然的に値段が跳ね上がります!

 

しかたのないことです。
だいたい他のシューズと比べて
5千円〜1万円の差があると考えて
いいと思います!

まぁ、シューズの通気性に関しては
高い値段を払ってでも
取り入れるべき機能だとは思うんですけどね…

 

それと、もう1つ大事な注意点がっ!

この『ナイキ』のリングシューズですが
サイズが全て小さく作られています。

 

ほかのシューズではここまでではありませんので
実際に『ナイキ』のシューズを
履いてみないとわからないと思います。

 

そうはいっても、リングシューズって
店頭に並んでる数が意外と少ないんですよね。

結局は取り寄せになるかもしれませんので
ワンサイズ大きめのシューズでも
問題ないかもしれません。

ホントにみなさんがイメージしている横幅より
ワンサイズくらい下をせめてきますw

ぜひ、購入の際には注意してください!

 

それでは、今回は『ナイキ』の
ボクシングシューズについてでした!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.