Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【ボクシング】村田諒太選手のファイトマネーは2億円以上?!

2018/06/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

現WBA世界ミドル級王者として
君臨する村田諒太選手。

 

一体、彼はボクシングで
どれほど稼いでいるのでしょうか。

 

ミドル級は日本でこそ
マイナーなものの
世界レベルで見れば
非常にスターが集まった階級にもなり

 

 

当然注目度の観点から
ファイトマネーも
軽量級とは
大きな差が開きます!

 

そんな、村田選手のファイトマネーって
みなさん気になりますよね!

 

実は村田選手のプロ転向後の
獲得金はファイトマネーだけでも
2億円を優に超えています!

 

そこにスポンサー料などを加えると…

 

ということで
今回は気になる村田選手の
お金事情についてまとめてみましたので
ぜひご覧ください!

 

なんとファイトマネーはデビュー戦でも破格の1000万越え!

 

通常、プロボクサーになりたての選手は
C級ライセンスという階級から始まり
徐々に6回戦・8回戦・10回戦
ラウンド数を上げながら
ランクアップしていくわけですが、

 

それぞれの階級における
だいたいのファイトマネー相場が
以下のようになっています。

 

  • C級ライセンス(4回戦):6万円〜
  • B級ライセンス(6回戦):10万円〜
  • A級ライセンス(8回戦以上):15万円~
  • 日本タイトルマッチ:20万円~
  • 世界タイトルマッチ:2000万円~

 

そしてここからマネジメント料として
選手が所属するジムが33%を差し引き
余った額が選手に入るようになっています。

 

そして村田選手は
ロンドンオリンピックなどの優勝経験などから
C級ライセンスではなく
B級ライセンスからのデビューになりました。

 

B級ライセンスだと
本来なら10万円〜が相場
となっているところなんですが!

 

なんと、
村田選手のデビュー戦のファイトマネーは
破格の1000万円!

 

いきなりタイトルマッチ級
価格になってますねww

 

これにはアマチュア時代からの
知名度の高さ
非常に関係しているようで…

 

なんといっても
村田選手のこの試合なんですが
デビュー戦にもかかわらず
思いっきりテレビ中継されてましたからね!

 

プロの選手にもなると
スポンサー等の関係から
テレビ中継されるのとされないのでは
ファイトマネーに大きな差が生じます!

 

おまけにこの時の相手も
当時の東洋太平洋ミドル級王者柴田明雄選手
けっこうな名選手とのマッチングでしたので
注目が集まったのも事実です。

 

ただこの時の
柴田選手のファイトマネーは
およそ200万円だったとのことですが….
この違いもミドル級金メダリストの
実力ってところでしょうか。

 

ファイトマネーの総額は推定2億円以上!

 

では
これだけ破格のファイトマネーから
スタートしているのであれば

 

一体、現在ではいくらほど
稼いでいるのでしょうか。

 

そしてプロボクサーの収入源は
なにもファイトマネーだけではありません。

 

よくトランクスなどに
大きな字で企業名などが
入っているのをご覧になる方も
多いかと思いますが、
あの広告料も立派な
収入源になります!

 

まずはファイトマネー
総額から見ていきましょう!

 

当然ながら
村田選手みたいに
高視聴率が見込める試合などは

 

会場に多くの観客を呼べるため
その分多くのスポンサーも付き
ファイトマネーも
大きく跳ね上がります。

 

また比較的ですが
軽量級の選手より
重量級の選手の方が
ファイトマネーは
高くなる傾向にあります!
海外などでは顕著ですね!

 

そういったことも考慮すると
村田選手のプロ転向後の
これまでの試合数は14試合。

 

そのうち
2017年5月20日:有明コロシアム
2017年10月22日:両国国技館にて

元WBA世界ミドル級王者の
ハッサン・エンダム選手と行った
タイトルマッチ2戦。

その前の
ノンタイトルマッチ12戦となっています。

 

タイトルマッチの時の
エンダム選手とのファイトマネーは
世界戦ともなるため
1試合およそ5000万円
言われています!

 

仮にノンタイトルマッチ
デビュー戦と同じく
1000万円と計算しても

 

5000万円×2試合=1億円
1000万円×12試合=1億2000万円

となり
トータルすると
2億2000万円にもなります!

 

ファイトマネーだけでも
こんなにもとんでもない金額ですが

 

これにスポンサー料が加わります!

 

今現在
把握できる範囲でいうと、

 

村田選手は
ANA・すき家・NIKE・マイナビ

4社と
スポンサー契約をしています!

 

そして唯一
明るみになっているのが
マイナビとの
スポンサー料で

 

その額およそ
4000万円とのこと!

 

他の企業も
同じくらいの
スポンサー料としたら
なんと
総額1億6千万円にもなります!

 

ファイトマネーと
合わせるとなんと
3億8千万円!

 

これにテレビ出演料などの
細かい収入をプラスすると

 

村田選手が
プロ転向後に稼いだ金額は

 

なんと4億円近くになります!

 

恐ろしい金額ですね!

 

いかがでしたか?

今回は村田選手の
お金事情について
まとめてみました!

 

ぜひみなさんも
アメリカンドリーム
掴んでみては
いかがでしょうかww

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.