Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【見なきゃ損】マジでオススメするボクシンググローブとは

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

そこそこジムワークに
慣れてきた人は
自分のマイグローブ
欲しくなる頃では
ないでしょうか。

 

最初のうちに
買い揃えるのもいいし、
ジムワークが慣れてきて
マンネリ化し始めた頃に
モチベーションアップのために
買うのもいいかと思います。

 

こちらの記事で、
グラブのサイズ
重さ(オンス)について
お話していますので

購入時にはぜひ、
参考にしてみてください!

 

今回は長年のボクシング博士の
経験をフルに発揮して

ボクシング博物館の
館長である私が
最もオススメする
ボクシンググラブについて
お話しますので

マイグラブ購入の際には
参考にしていただければと思います!

 

博士が最もオススメするグラブとは!

 

ズバリ、結論から言いますと
博士がオススメするグラブは
『ウイニング(Winning)』製のグラブです!

まぁ、ボクシングといえばこれっ!
って感じのメーカーですね。

 

野球でいうミズノ
サッカーでいうアディダス
みたいなもんです。

 

なんといっても『日本製』の安定感、
『メイド in Japan』の凄さ
ハンパないですよ。

 

グラブに使用している革も
牛革を使っていて
当然その分、値段は上がりますが

グラブの形や硬さ
作りの丁寧さ拳へのフィット感など
どのポイントをとっても
他のグラブよりも
優れているといっても
いいくらいです!

 

ボクシング暦が長くて、
ある程度ボクシングに
慣れているようでしたら
多少ムリのあるグラブを使っても、
自分なりに矯正することは
できるでしょうが

初めてボクシングをする方
女性の方などは、最初のうちは
ジムにあるものでも
けっこうですので

ぜひ『ウイニング』のグラブを
使うことをオススメします!

 

”はめたときのフィット感”
”撃ち抜いたときの感覚”
”グラブのクッション性”
他のグラブの群を抜いています!

 

他にもオススメのものは?

 

ということで、
博士が一番オススメしたいグラブは
『ウイニング』ということになるんですが、
どうしても、値段がはっちゃうんですよね。

 

革の材質や、技術がどうしても
牛革を使ったり、
丁寧に時間をかけてるぶん
コストがかかっています!

 

だいたい8〜12オンスで
2万円台前半
14〜16オンスで
3万円近くになります。

 

なかなか、気がひけるような
値段ですよね。

 

ウイニングのグラブって
どこのジムにも必ず1つは
置いてあるかと思いますので
それを使うのも
アリかなとは思います。

 

それとウイニングのグラブって
デザイン性に乏しいです!

 

そこまでデザインやカラーを
気にしない人だったらいいですけど
女性のフィットネス会員さんとかは
おしゃれなグラブを使って
トレーニングやりたいですよね。

 

そこで、低予算で買えるグラブや
デザイン性豊富なグラブもついでに
紹介しておこうと思います!

 

意外にもボクシンググラブって
数万円するものもあれば
安いもので数千円のものもあるくらい
値段には幅があるんですよね。

 

特に日本製と海外製では
めちゃめちゃ値段に幅があります!

 

例えばこちらのボクシンググラブ

『楽天』のほうで
税込1980円で販売されています。

 

それに対し、こちらのグラブ

(ウイニングの16オンスになりますが)
同じ『楽天』で値段は34000円です!

 

10倍どころの差ではないですねww

 

ちなみに、2000円ぐらいのグラブで
練習するのは正直言って
きついところがあるかと思います。

 

最初のうちは大丈夫でしょうが
いくらフィットネス目的であろうとも
すぐに破れたりしますので
長い目で見れば、お金の無駄かなと。

 

てことで、ある程度の質が保証されていて
デザイン性にも富んだグラブとなると…

 

以前にもこちらのほうで
紹介しましたが
『Twins』のグラブですね。

 

けっこう、どこのジムにも置いてあって
メジャーなグラブなのかなとは思います。

 

博士のジムにも当然置いてありますし、
マイグローブを持っている人の中でも

5割が『ウイニング』
4割ほどはこの『Twins』
っていうメーカーですので

『ウイニング』か『Twins』で
9割を占めているって感じですね。

 

どうしても、ボクシングって
男向けのスポーツですので
カラーやデザインが男っぽいものしか
なかったんですが

最近のダイエットブームに乗っかって
いろんな女性向けのデザイン
たくさん出しています。

 

 

気になる価格は
8オンス:1万円〜となっており
一番重い16オンスでも
1万5千円程度ですので
『ウイニング』の半額程度から
購入できるようになってます!

 

『Twins』に関する
メリット・デメリットに関して
もっと詳しく知りたい方は
こちらの記事
ご覧いただければと思います!

 

それでは、今回は
ボクシング博士がオススメする
グラブについてお話ししました!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.