Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【まとめ】ボクシングの階級をわかりやすく表にまとめてみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

連日テレビで放送されている
W杯をみてて思ったんですが

『ルールがわかりにくい!』

博士はオフサイドが
どういう基準になっているのか
未だにわかりません。

 

その反面、ボクシングって
基本的に殴り合うだけのスポーツなので
小難しいルールがなくて
見ている方もわかりやすいですよね。

 

非常にラク ( ´ ▽ ` )ノ

 

そんなボクシングでも
唯一ややこしいのが『階級』です。

ミドル級ライト級とかだと
まだ日常生活で
使ったりする???言葉ですから
なんとなく分かる方も
多いかと思いますが

 

5月の試合で
新チャンピオンになった
井上尚弥選手が属する
『バンダム級』とかは

聞いてもピンと来る人は
少ないでしょうね。

 

博士もボクシングを
始めた頃はなんのこっちゃ
分からなかったんですが

 

意外にも、
階級について詳しく知ってると

ボクシングの楽しみ方が
1つ増えるんですね。

 

そこで、今回はボクシングの階級について
わかりやすく表にしましたので
ぜひ、ご覧ください!

 

 

階級をわかりやすく表で解説!

 

 

そもそも、階級だけでも
17階級ありますからね。

これに、ボクシング団体が
4つもありますから

理論上は68人の
チャンピオンが存在しちゃいますねw

 

実際は統一王者
空位の階級もありますので
これよりは少ないですが…

 

どうして、団体が4つも
あるのかについては
こちらの記事で触れていますので
気になる方はぜひご覧ください!

 

ということで
表にまとめてみました!

 

階 級 体重(kg) 有名選手
ミニマム級 ~47.61 現IBFミニマム級王者
京口紘人(ワタナベ)
ライト・フライ級 47.61~48.97 現WBCライトフライ級王者
拳四朗(B.M.B)
フライ級 48.97~50.80 元WBCフライ級王者
比嘉大吾(白井・具志堅)
スーパー・フライ級 50.80~52.16 元IBF・Sフライ級王者
亀田大毅(亀田)
バンタム級 52.16~53.52 現WBAバンタム級王者
井上尚弥(大橋)
スーパー・バンタム級 53.52~55.34 現IBF・Sバンタム級王者
岩佐亮佑(セレス)
フェザー級 55.34~57.15 元WBCフェザー級王者
長谷川穂積(真正)
スーパー・フェザー級 57.15~58.97 元WBA・Sフェザー級スーパー王者
内山高志(ワタナベ)
ライト級 58.97~61.23 元WBA世界ライト級王者
畑山隆則
スーパー・ライト級 61.23~63.50 元WBC・Sライト級王者
浜田剛史(帝拳)
ウェルター級 63.50~66.68 現WBA・WBCウェルター級王者
キース・サーマン(アメリカ)
スーパー・ウェルター級 66.68~69.85 現WBA・Sウエルター級スーパー王者
エリスランディ・ララ(キューバ)
ミドル級 69.85~72.57 現WBAミドル級王者
村田諒太(帝拳)
スーパー・ミドル級 72.57~76.20 現WBA・Sミドル級スーパー王者
フェドール・チュディノフ(ロシア)
ライト・ヘビー級 76.20~79.38 現WBA・IBF・WBO・Lヘビー級王者
アンドレ・ウォード(アメリカ)
クルーザー級 79.38~86.18 元WBAクルーザー級王者
ギレルモ・ジョーンズ(パナマ)
ヘビー級 86.18~ 元WBAヘビー級王者
モハメド・アリ(アメリカ)

 

太字になっている所が
ベースとなる階級で

それより『ちょっと軽い』と
ちょっと重い』で
ライト』と『スーパー』が
つくようになってます。

 

まあ、こうしてみると
実際は9つの階級
いいわけですね。
(クルーザー級も
なくしていいと思いますw)

 

階級を表にしてみると?

 

そして、こうやって表にしてみると
意外とおもしろいものです。

 

好きな選手の階級は?
自分の体重だと何級になるんだろう?

などなど。

 

ホントは有名選手を
日本人海外選手
分けたかったのですが

 

どうしてもライト級を境に
有名選手の割合が
分かれてしまいます。

 

というか、ミドル級の村田選手以外は
重量級のチャンピオンはいません。


 

過去をさかのぼっても
元WBAミドル級王者の
竹原慎二さんぐらいです。

 

それに対して、
海外では重量級の選手が
名選手としてたくさん
存在してるんですよね。

書き足りなかったぐらいです。

 

みなさんの気になる選手は
いましたか?

 

ぜひ、この表を参考に
今後のボクシング観戦を
楽しんでください!

 

では、今回はボクシングの
階級を表にしてみました!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.