Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【まとめ】ボクシンググローブ『アディダス』の良いところ・悪いところ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

 

そこそこジムワークに
慣れてきた人は
自分のマイグローブ
欲しくなる頃ではないでしょうか。

 

最初のうちに買い揃えるのもいいし、
ジムワークが慣れてきて
マンネリ化し始めた頃に
モチベーションアップのために
買うのもいいかと思います。

 

こちらの記事で
グラブの『サイズ』
【まとめ】ボクシンググローブのサイズ一覧!

『重さ(オンス)』について
【意外と知らない】ボクシンググローブのオンスって何?

お話していますので購入時にはぜひ
参考にしてみてください!

 

今回は、ボクシンググラブの
定番である『アディダス』のグラブについて
良いところ・悪いところをそれぞれ書きましたので
あわせて参考にしていただければと思います!

 

 

『アディダス』のグラブとは

 

 

みなさん、突然ですが
『アディダスボクシング』
ってご存知ですか?

 

いくつかのボクシングジムでも
取り入れられている
トレーニングプログラムです。

 

今ジワジワと流行りつつあるんですが、
今までは”見て楽しむ”スポーツだった
ボクシングを今度は”やりながら楽しんでいこう!”
っていうコンセプトで

がっつり系のボクシングというより
リズムに合わせて
軽いボクシング動作をすることで
楽しく脂肪燃焼を促すことが
目的のボクシングです。

 

まあ、単純に
『フィットネス系のボクシング』とか
『ボクササイズ』とか言われているやつですねw

メニューに少し改良を加えて
かっこよく言うと『アディダスボクシング』
って言いますw

 

このフィットネスで大事にしているのは
ボクシングにおける『リズム感』です。

 

リズムに合わせてパンチを打ったり
動作をすることで、
有酸素運動による”キツさ”を軽減し、
”ストレス解消効果”などもあります。

 

このトレーニングのメニュー開発
トレーニング結果の科学的分析まで
全面的にバックアップしているのが
『アディダス』ということになるんですよね。

ですので『アディダスボクシング』

 

そんなアディダスのボクシンググラブですが
オリンピックでもよく使われていますし
特にヨーロッパではプロ・アマ問はず
タイトル戦などでも
使われている印象があります。

 

高校生までのアマチュアボクシングでも
ここ最近で公式グローブとして
この『アディダス』のグラブが
使われるようになりましたね。

 

そんなボクシング界で
重要な役割を果たしている
『アディダス』のボクシンググラブの
メリット・デメリットを
見ていきましょう。

 

メリット

 

他のグラブと大きく違っているのは
”全体的に大きくできている”ってことです。

 

手首の部分をがっちり固定できるよに
作られていますし、
そのうえ全体的なボリュームが
大きいですので
拳を痛める心配が限りなく
ゼロに近づきますので

めちゃめちゃフィットネス会員さん向け
作られたグラブといってもいいですよね!

その他に挙げるメリットとしては
”価格がフツーに安い”ってことです!

 

だいたいボクシンググラブって
1万円〜2万円ぐらいするもんなんですけど
『アディダス』のグラブに関しては
安いものでは5千円〜、高くても
1万5千円ぐらいで買えちゃいます。

そういったことをまとめると
価格も安くなおかつ拳を痛めない
ような作りになっていることから

ボクシング初心者の方女性
小さい子どもなどの
フィットネス会員さん向けのグラブには
ぴったりではないかと思います!

 

 

デメリット

 

いくつかデメリット
紹介しておきましょう。

 

まずは、博士のジムに
よく来ているアマチュアの高校生
言ってるグチなんですが…

とにかく握りが浅くなって
パンチに力が入らないんだとか…
こちらが高校生が試合で使う
アディダスの公式グラブになるんですが、

 

握りが浅くなるんですよね
高校生っていう年齢も
関係あるんでしょうが
思いっきり拳を握ってのパンチが
打てないようになってます。

 

これによって
実際のKO率も
下がりましたからね。

他には”拳を守る”というところに
重点を置いてあるせいか
いざ拳を入れてみると、
なんだか変な空間が出来ていて
しっくりきません。

パンチを打っても
拳の位置がグラブの中でずれますので
これもやっぱり”強いパンチ”を打つのが
難しくなりますね。

 

 

以上、今回は『アディダス』の
良いところ・悪いところについてでした!

 

ぜひ、マイグローブ購入の際には
参考にしてみてください!

 

また、
マイグラブを購入する際には
こちらの記事で紹介した
グラブのサイズ
重さ(オンス)にも十分注意して
購入するようにしてください!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.