Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【まとめ】ボクシングのダイエット効果って?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

みなさん、いろんなダイエット法を
やってこられたかと思います。

筋トレダイエット、食事制限、
ヨガ、ジム通い、酵素ダイエットなどなど。

人類の歴史から見ても
ヒトって食べたものを
いざという時に備えて
自然と脂肪として体内に
蓄積しておく生き物ですからね。

食べ過ぎていなくても、
自然に太っていくようになってるわけです。

ただ、日本に生きている以上、
飢餓に苦しむようなことは
ないですよねw

無駄についていく脂肪は
何らかの形で落とさねばなりません。

いろんなダイエット法があるなかで
博士はボクシングダイエット
一番オススメです!

 

博士は食べることが、
大好きな人間でして…

 

それも、グルメオタクとかなら
まだマシなんですが
完全にジャンクフードオタク
なんですよね。

ケーキお菓子アイスとか
もうバクバク食べちゃうんですよ。

 

我慢すればいいって
思うかもしれませんが
これを我慢すると集中力が
完全に散漫になっちゃうんですよ…

 

思いっきり食べて
その分思いっきり動く!
これができるのは
ボクシングだけなんです!
(けっこうしんどいですが…)

 

ボクシングで得られるダイエット効果って?

 

ボクシングで得られる
ダイエット効果としては
主に以下の3つ!

 

①基礎代謝の向上

まずは、ガンガン動くので
基礎代謝が上がります。

基礎代謝とは
何もしなくても
体が自然と使っている
エネルギーのことですね。

1日中ベッドで寝ていようが
頑張って動こうが、
『必ずこれだけはエネルギー
として
代謝されますよ〜』
っていう数字のことです。

当然ながら
この値が高くなるほど
普通に仕事しているだけでも
自然と体重が減ったり、
キープできたりするわけです。

 

試しにこちらのほうで
『基礎代謝量チェック』
自分の基礎代謝を計算してみてください。

基礎代謝は
ボクシングに限らず
ランニングヨガ
体幹トレーニングとかでも
あげることができます!

 

②引き締まった肉体

無駄な脂肪分が
削ぎ落とされて
体が締まってきますし、

発汗作用むくみ
無くなります。

ただ、のちにデメリットとして
紹介することになるんですが
食って動いて、食って動いてを
繰り返していくと

かなり筋肉質になりますww

筋トレとかと違って
重い負荷をかけずとも
自然と筋肉がついちゃいます。

男性にとっては
うれしいところなんですけどね。

 

③ストレス解消効果

ボクシングってある意味
中毒性のあるスポーツでして、

博士も1週間以上
ジムに行けない日があると
なんだか体が
落ち着かないような感じになります。

自然とサンドバッグや
ミット打ちをしている間に
いろんなストレスを
発散しているからですよね。

実際に、練習に行く前は
すごく体がだるくてしんどくても
練習が終わった後では
かなりスッキリした感じになります!

 

<ボクシングダイエットのメリット>

 

以上が、ボクシングを
することによって得られる
ダイエット効果になります。

一番のメリットって
やっぱりトレーナーが
ミットを持ってくれる
ところなんですよね。

人間って弱い生き物ですから、
1人でトレーニングをやってると
必ずどこかで妥協してしまう部分が
でてくるんですよね。

その点、ボクシングジムでは
練習の際に必ず2ラウンド〜3ラウンドは
トレーナーの方がミットを持って
自分を追い込んでくれます。

高い値段払って
パーソナルトレーニングを
受けるより断然、お得ですよね!

それと、ジムの雰囲気
ダイエットに非常に効果的です。

これはジムによって
様々な部分もあるんですが

基本的には3分動いて
1分のインターバルで
タイマーが動き続けて
みんなそれに合わせて
動いていきます。

自分だけグダグダ休んでは
いられないわけですよねw

これだけ聞くと
かなりしんどそうに思えますが
意外にもヒトって自分の限界を
甘くいている部分があるんですよね。

周りの雰囲気に流されちゃう
案外頑張れるもんです。

 

<ボクシングダイエットのデメリット>

 

最後に
あんまり言いたくないんですが
デメリットも紹介しておきましょう。

 

①どうしてもお金がかかる

まず、確実に1ヶ月の
会費が発生しますね。
これは仕方のないことです。

ジムによって週1会員だとか
週2会員だとかを設けてある
ところも多いので
だいたいは5000円〜10000円
ところが多いでしょう。

それに、最低でも
トレーニングシューズ
バンテージぐらいは自分で
買う必要があります。

リングシューズだと
高価になりますので
普通のランニングシューズ
十分です。

博士が色々試してみて
一番よかったのは
フットサルシューズですね。

安くて、グリップも効きますので
非常にコスパがいいです!

②食べたり飲んだりする量が増える

これは仕方のないことですw

動く量が確実に増えますので
当然のことです。

ただ、練習終わりのご飯や
お酒はたまらなくおいしいですよw

 

③筋肉痛が生じる

慣れてくれば問題ないんですが
はじめのうちは凄まじいほどの
筋肉痛に悩まされます。

自分で追い込むのなら
ある程度でセーブできるんですけど
どうしても、トレーナーに
限界以上のことを強制されますからね。

それと②のデメリットが合成されることで….

 

④体が自然と筋肉質になる

これって男性にとっては
メリットですよね。ホントに…

でも、女性はほどほどに
しておいてください!

ジムワークの量もしくは食事の量
どちらかをセーブしないと
マジでガンガン筋肉が
ついていっちゃいます!

 

以上、今回はボクシングの
ダイエット効果について
お話しました!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.