Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【たった1ヶ月で痩せる!】ボクシングのダイエットメニューとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

 

ボクシングでダイエットをしようと
決めたもしくは今からやってみようかな
と思っているそこのあなたっ!

ボクシングで痩せるのって
具体的にどういったことを
していくのかまだ疑問に
思っている方って多いですよね。

 

普通の練習生みたいに
がむしゃらにサンドバッグを
殴ったりとか

ひたすら腹筋しまくったり
練習法とはまた少し違いますからね。

 

基本的には、ジムに行けば
みっちりトレーナーさんがついて
指導してくださるかと思いますが、

 

まだまだ不安な人も
多いかと思いますので、

ボクシング博士の経験
ジムの会員さんの
体験談などをもとに

 

今回はボクササイズの
具体的な練習メニュー
紹介できればと思います!

ぜひ、参考にしてみてください。

 

ボクシングで効果的に痩せる練習メニューとは?

 

ボクササイズって
筋トレみたいに
無酸素運動じゃないので

思いっきり力をいれたり、
踏ん張ったりすることが少ないです。

 

そのため意外と
他人から見ると
楽なスポーツ
見えちゃうんですよね。

 

でも、基本的には
ほとんどの動きが
有酸素運動なので

 

以下に示す、簡単なメニューでも
はじめのうちは結構きついです。

 

まずは
・シャドウボクシング3分×3ラウンド

次に
・縄跳び3分×3ラウンド

からの
・ミット打ち1〜2ラウンド

最後に軽く
・腹筋(適度に)

 

少し話はそれますが
よく『腹筋を割りたい』
っていう人がいますが

腹筋を割るには
何回腹筋運動をしても

あんまり効果は得られません。

あれは腹筋を固くするだけ
きれいなお腹にはなりません。

 

極論、きれいな腹筋にするには
脂肪分を完全にカットするのが一番です。

 

腹筋を割るために
いろんな方法を試してきましたが
結局はこの動画で話されていることが
全てです。

 

気になる方はご覧ください。

 

 

話を戻しますが
上記のジムワーク
(時間にして1時間もありません)で

 

最初のうちは
結構クタクタになりますし
筋肉痛もハンパないかと思います。

 

1つ1つのメニューを
真剣に行えば
確実に2〜3キロぐらい
落ちます。

 

基本的には1ヶ月くらいは
慣れてきたら
シャドーのラウンド数を増やしたり
ミットを1ラウンド多くしたりして

 

それでも
体力に余裕があれば
サンドバッグを打つのも
いいかもしれません。

 

見た感じでは
なんだこの程度のメニューか
と思う方が大半かと思いますが

ほんとに
縄跳び3分3ラウンドだけでも

汗がめっちゃ出てきて
体の脂肪が燃焼されてるのが
実感できると思いますよww

 

ちなみに
一般的なジム
(プロ選手がいるような)では

練習生の人は
インターバルを挟んで
ガンガンメニューを
こなしていきますが

 

ボクササイズ会員の方は
そこまでペースをあげる
必要はないのかと思います。

 

むしろ、運動してから
脂肪が燃焼され始めるのが

30分後から
と言われていますので

ゆっくり少しづつ
メニューをこなしていく方が
いいのかと…

 

ただ、やりすぎは禁物で
ボクシングなどの格闘技には
必ずオーバーワーク
というものがつきものです。

 

自分の体を直接刺激しますので
疲労骨折になったり、
精神的にも集中力を
研ぎ澄ましますので
疲労がたまるんですよね。

 

ジムに3年間ぐらい
通い続けている会員さん
であっても

長くて2時間ちょっと
練習で上がることが
ほとんどです。

 

一応、結論として

ボクシング博士がおすすめする

理想のダイエットメニュー

①シャドーボクシング 3ラウンド
②縄跳び       3ラウンド
③サンドバッグ    2ラウンド
④ミット打ち     2ラウンド
(④’ サンドバッグ 1〜2ラウンド)
⑤筋トレ    腹筋など

になります。

 

これだけすれば
1ヶ月で5〜10キロ
ダイエットは可能です!

ちなみに、
練習生プロ選手はこれに加えて
どんなメニューをこなすのか
少し、紹介したいと思います。

 

その他ボクシングジムで行われている練習メニュー

ダイエットが目的なら
ここまでやる必要は
ないかもしれませんが

ジムでの練習に
飽きがきた時のために

一応、紹介しておきますね。

 

・スパーリング
ガチガチの殴り合いですねw
意外とフィットネス会員の方でも、
男性の方はやってる方、多いですよ。

やっぱり、練習していくうちに
自分のパンチが
どれくらい相手に効いて
自分がどれくらい
相手のパンチを避けれるのか
っていうのが
気になりますので…

 

・マスボクシング
スパーリングの『当てないver.』です。
寸止めスパーリングってところですね。

その分、常にパンチを
出し続けますので
けっこう体力使いますよ!

あと、ボクシングのセンスを
磨くにはこれくらいの
メニューが一番効果的
かもしれません。

 

・バッグラッシュ
気になる人は
トレーナーさんに聞いてみてください。

30秒きざみ
インターバル
サンドバッグをひたすら連打することを
繰り返します。

ただ、死ぬほどきついですよww

アマチュアボクシングは
2分の3ラウンドで構成されていますので
体力をめちゃめちゃ使います。

(えっ、3分12ラウンドの
プロ選手の方がきついんじゃないの?
と思うかもしれませんが、
我がジムのトレーナーいわく
陸上の3キロ走より
800m走の方がきついやろっ?
とのことですww)

とにかく、
試合中に常に全力で
動く必要があるんですね、
アマチュアは。

ですので、よく高校の部活動
強豪大学の練習メニューとして
取り入れられているメニューになりますね。

 

他にも、
シンングルパンチングボール
ダブルパンチングボールなども

ジムに行くと見かけるかと
思いますが

プロの選手でも
しない選手がいるくらいですので

さすがに、必要ありませんw

 

以上、その他の練習メニュー
として紹介しましたが

上にあげたものは
あくまでも+αのメニュー
ですので

マンネリ化を防ぐため
参考程度に捉えてください!

 

では、今回は
ボクシングダイエットにおける
効果的な練習メニューについて
お話しました!

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ご来館ありがとうございます! ボクシング博物館館長のボクシング博士です。 ボクシングに関する大きな話題からマニアックな話題まで... ボクシングに関することならお任せください!

Copyright© ボクシング博物館 , 2018 All Rights Reserved.